コンクリート住宅 スターハウス

わたしたちがコンクリート住宅を選んだ理由

 わたしたちが選んだ「スターハウス」は多種ある住宅建築の中でも最高級水準に位置する鉄筋コンクリート造にさらに「サンドイッチ断熱工法」と「ワッフルワイドスラブ工法」という画期的な工法技術を付加して開発した鉄筋コンクリートの戸建住宅ブランドです。
 この「サンドイッチ断熱工法」といいますのは北米で既に認知され、その着工数を急激に伸ばしている工法でICF(Insulated Concrete Forms)住宅と呼ばれています。
この北米における住宅マーケットでのシェアの拡大はICF住宅の持つ「エネルギー効率の良さ」「遮音性能の高さ」そして「風水害に対する強さ」さらに「耐久性能の高さ」などが評価されているという背景があります。

 地球温暖化が叫ばれ人類の未来に警鐘を鳴らす数々の事象に手をこまねいている猶予は既にありません。
それは住まいの選択においても、もはや切り離すことはできないのです。
理創生活は、地球にやさしい工法を率先して取り入れスクラップ&ビルドから脱却し、環境に負荷をかけずに未来に残していけるもの-当然、そこには「快適な住環境」が最優先させなければならないと考えており、それが「スターハウス」事業だと位置付けております。

このページの上へ

スターハウスについて

★サンドイッチ断熱工法 (壁)

 構造体を両側から断熱材でサンドイッチ。コンクリートの劣化・中性化を防ぎ冷・暖房効果を高めます。壁を冷やさないので結露にも強い工法です。

★ワッフルワイドスラブ工法 (床)

 高い剛性とその形状により構造物の固有振動を抑え高い遮音性能を実現するとともに格子状の梁がスラブのたわみを支え大スパンを可能にします。

★環境への配慮

 フロンを使用しない断熱材を使い無尽蔵の天然資源から作られるコンクリートを使って木材消費を抑え高気密・高断熱の住環境が冷暖房のコストを抑えます。

 
このページの上へ

モデルハウスはどんな家?

ご覧いただきたいのは壁と床!

私たちの住宅は、コンクリート壁の両側を断熱材で挟み込む最高・最強の断熱です。
私たちが使っているSiNPと呼ばれる断熱材はEPSという素材で出来ていて、あの南極昭和基地27年使われて、その性能の高さは保証付きです。ぜひ、みなさまに見て、触って頂きたいたいです!!

床はワッフルワイドスラブという“特許”の床を使っています。
これも素材は、南極で使っているEPS製で、最高の断熱+広い大きな床を作ることができます。そのため、将来のリフォームも簡単。その上音も遮断してくれて、とても静かに暮らせます。

 
 

スターハウスホームページへ

このページの上へ